沖縄奥武島(南城市おうじま)の天ぷらと言えば『大城てんぷら』

本島南部にある一周1.6Kmと小さな島。
沖縄には奥武島と呼ばれる島がいくつかあるそうです。

この南城市の奥武島は、海産物食堂や鮮魚店が営む
『天ぷら』とハーリーが有名です。

sponsored Link



奥武島名物ハーリーと天ぷら

島に続く橋を渡ると、
正面には行列ができるお店が見えてきます。

そこがよくガイドプックとかにも紹介されている
人気店『中本てんぷら店』。

しかし、あえてそのお店には並ばず、
橋を渡ってすぐに右折、海岸沿いを進みます。

すると左手に見えてくる『大城てんぷら』

大城てんぷら

車も充分にとめれる広い駐車場、
天ぷらをたべることができるゆったりとしたスペースと、
海の景色をみながらのんびりと過ごす事が出来ます。

おすすめメニューは、なんといっても「もずくのてんぷら」
沖縄風てんぷらは、衣が厚く外はカリカリ、
そして、中はもずくでモチモチ。

沖縄ではてんぷらをお菓子かわりにも食べるそうなので、
何もつけずに食しても、美味しく食べれます。
この食感はやみつきになりますよ。

しかも価格は破格値!
一つ60円です!

周辺には自動販売機もあり、
沖縄限定のドリンクも気軽に楽しめます。

もずくてんぷら  琉球コーラ

沖縄では、5月下旬から6月初旬頃にかけて、ハーリーが行われます。
ハーリーとは、漁船を使ったレースで、豊漁や航海の無事を祈願するお祭りです。
地域によって、その内容は様々。

奥武島では、独特のハーリーが行われており、
橋の上から飛び降り、急いで船に乗り込む。
というのが、奥武島式ハーリーで「流れ船」と言われています。

 
☆この近くにはこんな観光スポットもあります☆

ニライカナイ

ガンガラーの谷ツアー

世界文化遺産、斎場御嶽

洞窟カフェ

sponsored Link



観光メモ
本島から手軽に行ける離島ということで、
休日のお昼時には、奥武島に来て食事をする人も多いそうです。

日にちや時間帯によっては、渋滞や行列も予想されるので、
時間には充分に余裕をもって行く事をお勧めします。

ゆとりある運転こそ、安全に繋がります。^^。

奥武島

沖縄県南城市玉城字奥武
那覇空港から車で約35分(那覇市国場 ⇒ 南風原町経由)

最寄の南風原南ICから約20分

このエントリーをはてなブックマークに追加

sponsored Link


コメントを残す