入場規制のため男子禁制に!パワースポット斎場御嶽【世界文化遺産】

沖縄屈指のパワースポット、斎場御嶽(せーふぁーうたき)。
世界遺産でもあり、世界的にも有名な聖地、霊場でもある。

「せーふぁ」は、最高位という意味があり、
「うたき」は聖地の意。
斎場御嶽は、琉球で「最高の聖地」と言われています。

この聖地が、観光客が増えすぎた為に、
戦前のように男子禁制にするという話もでている。
現在はまだ大丈夫なようだ。

sponsored Link



伝説の霊場でパワースポットの斎場御嶽

沖縄には、この「御嶽(うたき)」と呼ばれる、信仰を集める聖地がたくさん点在しており、
中でも斎場御嶽は多くの拝所が集まる一帯で、凛とした空気に包まれている。
パワースポットとしても有名な場所で、国王も順拝していたという、
「東御廻り(アガリウマーイ)」の重要地ともされています。

沖縄本島南部の観光では必ず立ち寄りたい観光スポットでもあり、
ここが琉球はじまりの地の伝説のが残る場所です。

斎場御嶽

写真は「三庫理(さんぐーい)」と呼ばれる拝所で、
琉球創世の神、アマミキヨが国始めに造った七御嶽の中でも
最も格の高い拝所とされています。

この巨岩がもたれあう隙間をぬけると
そこは、神様がいる場所。

sponsored Link



三庫理からは、神様が最初に降りた島と言われる、
「久高島」を望む事が出来ます。
天界にいたアマミキヨは、天帝から島を造る命を受けて、
久高島に降り立ち、人が住める土地を造った後に、
三男二女をもうけて国造りを始めたという神話が残っています。

三庫理

斎場御嶽の敷地内には、6つの神域があり、
その中でも、

「大庫理(うふぐーい)」
「寄満(ゆいんち)」
「三庫理(さんぐーい)」

の三カ所の拝所は、首里城の中にある建物や部屋と同じ名前になっており、
深い関わりがあると考えられています。

大庫理(うふぐーい)

大庫理

御門口を進むと左手に見える最初の拝所。
大広間や一番座という意味で、
かつて琉球最高の女神、
聞得大君の即位の儀式が行われた。

寄満(ゆいんち)

寄満

王府用語で台所の意味。
当時の琉球は、貿易が盛んであり、
世界中から交易品が集まる
「豊穣の満つるところ」
と解釈されています。

三庫理(さんぐーい)

三庫理

二本の巨石と、三角形の空間の突き当たり部分は、
それぞれが拝所になっており、
海の向こうに久高島を望む事ができ、
最も格の高い拝所とされています。

 


☆あわせて立ち寄りたいおすすめの場所はコチラ☆

新鮮な海鮮天ぷらで有名な奥武島

神秘の谷ツアー、ガンガラー

 

歩き方メモ
石畳道が多く、坂もあって滑りやすいので
歩きやすい靴で出かけましょう。
見学の所用時間は1時間くらいです。
御嶽について、さらに知りたい場合は、
その場でつけれる有料ガイド(5人まで1000円)があります。

斎場御嶽

斎場御嶽(せーふぁーうたき)

沖縄県南城市知念字久手堅サヤハ原
那覇空港から車で約35分(那覇市国場→南風原町経由)
最寄の南風原北ICから約25分

9:00~18:00 入場締め切り17:30
大人:200円 小中学生:100円
駐車場無料
電話番号098-949-1899

このエントリーをはてなブックマークに追加

sponsored Link


コメントを残す